読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trip Notes Box

旅の備忘録置き場

ソレント~アマルフィ~サレルノ間の移動手段に関する備忘録

イタリア旅行の備忘録、第三回目はソレント~アマルフィサレルノ間の移動手段で私が実際に利用したものに関してまとめておきたいと思います。

ソレント~アマルフィサレルノへのアクセス

ソレント~アマルフィサレルノへの移動には高速船を利用しました。
バスでの移動のほうが交通費的には割安なのですが、

  • 夏休みの時期はすごく混む…

  • アマルフィへの旅なので船旅を楽しみたい!

ということで高速船を事前予約することにしました。

ソレント~アマルフィサレルノの位置関係は以下の通りです。

利用した高速船会社

以下、利用した高速船の会社になります。
行きはソレントからアマルフィへの移動でalilauro、帰りはアマルフィからサレルノへの移動でtravelmarという会社の高速船を利用しました。

alilauro

http://www.alilauro.it/

事前予約について

サイトはイタリア語のみの対応となっています。←サイトを解読するのにGoogle翻訳さんにかなりお世話になりました。。。
トレニタリアやイタロ、travelmarもそうだったのですが、予約が完了するとチケットがメールに添付して送られてきていたため、 予約が完了した時点で安心しきってメールを待っていたのですが、送られてきたメールにはチケットは添付されておらず、確認用のIDのみ記載されていました。
そして、予約画面をよくみると"Emetti biglietti"というボタンが…。 チケットを出力する?的な意味合いのようですが、ボタンをクリックしても予約完了後そのまま放置してしまっていたため、接続がタイムアウトしてしまいチケットを出力できませんでした。
その後、なんとかメールでコンタクトをとって、確認用のIDを提示することでなんとかチケットのPDFをゲットできました。 ご利用の際は、こんな凡ミスのないようご注意ください。

所要時間やチケットの料金は下記の通りです。

所要時間 約30分
料金 18.0€
高速船の発着場所

チルクムヴェスヴィアーナ鉄道のソレント駅から歩いて15分程の距離に発着場所があります。
距離自体はそんなに遠くありませんが、高低差がありますので、大きな荷物を持ってい移動される場合は、 サン・フランチェスコ修道院に隣接する公園の一角にある有料エレベーター(1€)の利用をおすすめします。

f:id:sinceKT:20170211191429j:plain:w500

ソレントの中心地。

f:id:sinceKT:20170211191504j:plain:w500

港までは結構な高低差があります。

f:id:sinceKT:20170211191517j:plain:w500

ソレントのビーチ。

f:id:sinceKT:20170211191534j:plain:w500

遠くに高速船の発着場所が見えます。

f:id:sinceKT:20170211191605j:plain:w500

有料エレベーター。

乗り心地

私が乗った船は割と大きめな船でした。 そのため、スーツケースのような割りと大きめな荷物も無料で載せてくれましたし、船酔いも全くありませんでした。
1階と2階に席が分かれており、やはり2階席は人気ですぐに埋まっていました。 一方、1階席は空いている座席も多く、ゆったりと過ごすことができました。

f:id:sinceKT:20170211191649j:plain:w500

カプリ島

f:id:sinceKT:20170211191701j:plain:w500

高速船からの景色。

f:id:sinceKT:20170211191717j:plain:w500

アマルフィに到着!

travelmar

http://www.travelmar.it/en/index

事前予約について

サイトはイタリア語、英語に対応しています。
コンテンツがシンプルにまとまっており、予約作業はalilauroより簡単でした。 夏の繁盛期ということもあり、増便しているようでしたが、増便分に関しては事前予約は出来ないとのことでした。
心配性な私は、なんとかチケットを予約したいと問い合わせてみましたが、販売は当日の15分前からしか受け付けないということでした。
泣く泣く、当日早めにスタートを切ってチケットを購入しにいきましたが、心配とは裏腹に簡単に入手できました。

所要時間やチケットの料金は下記の通りです。

所要時間 約50分
料金 8.0€

上記の所要時間は、増便分(ミノーリ、マイオーリを経由した場合)の時間になります。 通常便だと35分程です。

高速船の発着場所

バスの停留所で賑わう海岸線沿いのエリアから伸びている桟橋が高速船の発着場所になります。
桟橋の入り口付近には複数の会社のチケット売り場も設けられており、こちらで当日券を買うことが可能です。

f:id:sinceKT:20170211191829j:plain:w500

早朝は人気があまりありません。

乗り心地

alilauroの船に比べると小さめな2階建ての船でした。 そのため、波の影響をもろに受けて上下動を繰り返します…。 船酔いし易い方は要注意です。
早朝の便だったためか2階席も空いており、ゆったりとくつろぐことができました。 ただ、増便分の船は、通常運行便では立ち寄らない、ミノーリ、マイオーリという2つの街に立ち寄るため、サレルノまでの所要時間は結構かかりました。

f:id:sinceKT:20170211191959j:plain:w500

アマルフィに別れを告げる…。

f:id:sinceKT:20170211192021j:plain:w500

遠くに見えるのはおそらくラヴェッロ。

f:id:sinceKT:20170211192029j:plain:w500

サレルノの港。

f:id:sinceKT:20170211192038j:plain:w500

サレルノ到着!

まとめ

今回の旅では事前に予約をして、チケットを持参しましたが、実際に現地で買っている方も多くいるようでした。 繁盛期の旅行でしたが高速船のキャパシティ的にも余裕があったと思います。
ただ、事前に予約していれば、当日チケットを並んで買う必要もないですし安心感があったので良かったです。 また、イタリア語がわからなくても英語で質問メールを送れば、意外と迅速に対応してくれるのは驚きでした。
きれいなコバルトブルーの海を臨みながらの船旅はアマルフィの旅をより一層素敵なものにしてくれるので、ぜひおすすめしたいと思います。

以上、ソレント~アマルフィサレルノ間の移動に関する備忘録でした。

ナポリ~ポンペイ~ソレント間の移動手段に関する備忘録

イタリア旅行の備忘録、第二回目はナポリ~ポンペイ~ソレント間の移動手段で私が実際に利用したものに関してまとめておきたいと思います。

ナポリ ~ ポンペイ ~ ソレント へのアクセス

ナポリからポンペイ、ソレントへの移動にはチルクムヴェスヴィアーナ鉄道を利用しました。

f:id:sinceKT:20161203183858j:plain:w500

所要時間

所要時間はナポリからポンペイが約40時間分程、ポンペイからソレントが約20分程です。
※快速電車の場合はナポリ~ソレント間は40分ほどで移動できたと思います。

利用した駅

以下、チルクムヴェスヴィアーナ鉄道で利用した駅の一覧になります。

駅名 説明
Napoli Porta Nolana Napoli Centrale駅から500mほど歩いた場所にある駅(始発駅)
Napoli Piazza Garibaldi Napoli Centrale駅に隣接している駅
Pompei Scavi-Villa dei Misteri ポンペイ遺跡の最寄り駅
Sorrento アマルフィ・カプリへの玄関口
豆情報

高速列車が発着するNapoli Centrale駅に隣接するNapoli Piazza Garibaldi駅は始発駅ではないため、この駅から乗車するとまず座席を確保できません。
どうしても座席を確保したい方は、約500mほど離れた場所にあるNapoli Porta Nolana駅からの乗車がおすすめです!!

乗り心地

地方のローカル線らしさ全開な車両です。
落書きだらけの車両もあり、高速列車とのギャップにびっくりします。
座席はプラスチックのシートでとても硬いです。

f:id:sinceKT:20161203184019j:plain:w500

また、空調設備はなく、夏は窓を開けっぱなしといった状態で、窓から日が差し込んでいたり、トンネルの中に入ったりすると結構暑かったです。

f:id:sinceKT:20161203184003j:plain:w500

車内の様子

私が行ったのはちょうど夏休みの観光シーズンだったためか、Napoli Piazza Garibaldi駅からSorrento駅まで常に乗客が多く、立っている人が目立ちます。
時々、車両の間のスペースに(人がいっぱいいてそんなにスペースはないのですが)演奏と歌のパフォーマンスをする家族がやってきます。
ラテン系のイタリアらしく賑やかでよいのですが、演奏が終わると観光客をターゲットに子供が集金にやってきます。。。

f:id:sinceKT:20161203184455j:plain:w500

チケットについて

事前に購入することもできたと思いますが、現地での購入で十分問題無いと思います。
チケット代は移動距離の割にとても安いと思います。

区間 価格
ナポリ~ポンペイ 2.4€
ナポリ~ソレント 4.0€

列車に乗る際の注意点

列車のホームが出発ギリギリまでホームがどこになるのか分かりませんでした。
ほとんどのお客さんが発着案内のモニターをじっと見てホームがどこになるかチェックしており、 ホームが表示されるやいなやみんな猛スピードで電車に向かって走っていきます。
怪我をしないように気をつけて乗り込みましょう。

f:id:sinceKT:20161203184039j:plain:w500

以上、ナポリ~ポンペイ~ソレント間の移動に関する備忘録でした。

ローマ~ナポリ間の移動手段に関する備忘録

イタリア旅行の備忘録、第一回目はローマ~ナポリ間の移動手段で私が実際に利用したものに関してまとめておきたいと思います。

ローマ ~ ナポリへのアクセス

ローマからナポリへの移動には高速列車を利用しました。
所要時間は約1時間10分程で、日本の新幹線と変わらない(むしろコスパを考えるとそれ以上?と思ってしまう)くらい非常に快適でした。

f:id:sinceKT:20160821134840j:plain:w500
写真はローマテルミニ駅


イタリアには高速列車を運行する会社が主に2つあります。

TRENITALIA -トレニタリア

Acquista il biglietto con le nostre offerte - Trenitalia

トレニタリアは元イタリアの国鉄で、日本でいうJRのようなイメージ。
トレニタリアの高速列車にはフレッチャという名の付いた下記の3つの高速列車があります。

※走行速度が早い順≒停車駅が少ない順に列挙しています。下の写真はフレッチャロッサ

f:id:sinceKT:20160821120553j:plain:w500


.italo - イタロ

Italotreno: Biglietti treno, acquista online | Costi e prezzi

イタロは2012年から運行を開始したイタリア初の私鉄です。
フェラーリのデザインを手がける方が、車体をデザインされているそうで、とても洗練された見た目となっています。(下の写真からは分かりずらいですが…)

f:id:sinceKT:20160821121355j:plain:w500

どっちの高速列車がいいの?

今回の旅行では両社の高速列車に乗る機会がありました。
イタロは「プリマクラス(1等席)」、トレニタリアは「スタンダードクラス(普通席)」を利用したので、そもそも公平な比較は出来ないのですが、、、

  • 乗り心地
    両社ともに新幹線と同じくらい揺れも少なく快適な乗り心地でした。 2012年開業ということもあってか、イタロのほうが車内がきれいで、車体同様に内装のデザインも洗練されているなといった印象を受けました。 座席は両社ともに「2列 + 1列」の構成で、車両の中央の席を境に座席の向きが変わります。(つまり、向かい合って座れるのは中央の席だけ)

  • サービス
    両社ともに1等車になると、飲み物とお菓子(甘いもの or 塩っけのあるもの)が無料で提供されます。 車両間にはスーツケースを置くスペースがあり、1ユーロコインで施錠も可能です。(施錠を解除後1ユーロは返却されるようです) また、各座席にはコンセントが用意されており充電が可能です。

  • 価格
    乗車する曜日や時間帯、またキャンペーンのあり/なしによって異なりますが、、、
    今回私がチケットを事前購入する際に公式HPで両社の金額を比較した感じだと、イタロのほうが安いかなと思いました。 同じ値段でもイタロだと「プリマクラス」が買えるのに、トレニタリアだと「スタンダードクラス」しか買えないということもありました。
    ただ、これは私が調べた範疇でしかないので、実際に購入する際は両社のチケット金額を比較されることをお勧めします。

以上、不公平な点もありますが、今回は乗り心地と価格の観点からイタロに軍配を上げたいと思います。

チケットの購入について

チケットはそれぞれ公式HPから事前に購入しておくことが可能です。
現地で購入することも可能ですが、事前購入割引きがあることを考えると公式HPで予約してしまうほうがよいかと思います。
公式HPでは言語設定を英語に切り替えて、指示に従って記入事項を埋めていけば難なく予約できると思います。

予約完了後、登録したアドレス宛にeチケットが送られてきますので、あとは当日紙に印刷 or スマホに保存したeチケットを持っていき、車掌さんに見せるだけでOKです。

列車に乗る際に気を付けなければならないこと

  • 列車の遅延
    日本ではよっぽどのことがない限り、電車の遅延は起こりませんが、イタリアの列車は平気で遅延が発生します。
    しかも、列車が到着するホームも出発の5分前になって決まるといったドタバタ具合、、、
    乗車する際にパニックに陥らないためにも、このことを念頭に置いて、列車の予約と乗車準備を行いましょう。

f:id:sinceKT:20160821134053j:plain:w600

  • チケットの刻印
    公式HPで予約した際に送られてくるeチケットを持っている場合は必要ありませんが、現地で購入したチケットには必ず乗る前に緑色の機械で刻印を済ませておく必要があります。
    これを忘れてしまうと車掌さんに罰金を払うはめになります。実際、ローマテルミニ駅からフィウミチーノ空港行きの列車で罰金を払っている外国の方を見かけました。

f:id:sinceKT:20160821135137j:plain:w600

以上、ローマ~ナポリ間の移動に関する備忘録でした。

Trip Notes Boxについて

本ブログは私自身が経験した旅の情報を共有することで、皆さんの旅行のお役に立てればと思い開設しました。

継続的に投稿はしないと思いますが、最低限最近行ったイタリア旅行に関する記事だけでもお役に立てる情報を備忘録として残しておこうと思います。 (もしかすると数年前に行ったアメリカ旅行の記事も書く…かも?)

誤った情報を載せてしまうこともあるかもしれませんが悪しからず。